HOME 植栽や植木(シンボルツリー・グランドカバー・下草等)のご紹介 ー コハウチワカエデ




コハウチワカエデ(カエデ科)落葉広葉樹


■特徴
 山地でH10mになる落葉広葉樹。樹皮は灰青褐色で、ややなめらか。若枝や葉柄には軟毛がある。



■用途

 葉は対生、洋紙質で直径5〜8cm程。
 掌状に5〜11中裂する。裂片は狭卵形、縁には鋭い鋸歯がある。
 花時には両面とも白い綿毛が密生、成葉では裏面の脈上にだけ残る。
 葉柄は葉身と同長または3/2の長さで、毛がある。
 本年枝の先に散房花序を出し、淡黄色の花を15〜20個つける。



■花期
 4〜5月


 コハウチワカエデ 

 








  ニュートラル名古屋

 COPYRIGHT(C)2015 NEUTRAL INC.ALL RIGHTS RESERVED.
  著作権、及びお客様のプライバシー保護のため、サイト内の写真や内容の無断転載等はお断りさせていただきます。